ニュース - News

ニュース

ニュース - 詳細

学生デザイナー「高橋晴香さん」のTREE×ARTへの思い

(2011-08-30)
高橋晴香さん/世田谷区下馬(三軒茶屋駅近く)の公園にて 高橋晴香さん/世田谷区下馬(三軒茶屋駅近く)の公園にて
TREE×ART学生デザイン応募者の高橋晴香さんは、新潟県村上市出身で昭和女子大学環境デザイン学科の2年生です。審査員から高い評価を受けながらも、
「浜名湖にもぐるベンチ」は独特のR(曲面)で描かれていたために、制作候補には至りませんでした。
しかし素晴らしい発想とデザインなので、特別賞として時間を費やしても、制作実現が出来るようにしたいと、ご連絡した訳です。
高橋さんは昨年夏、仙山線(山形・羽前千歳~仙台)の旅で、無人駅「奥新川おくにっかわ」駅の佇まいに感動を覚えて以来、駅マニアになり、
駅のベンチの写真を撮るなどして『人が置いていかれたような空間デザインではない自分なりの視点を探して』いた際、偶然ブログでTREE×ARTのことを知りました。
そもそもTREE×ARTの発案は新潟県の月岡駅が原点です。
昨年の暑い夏の日の出来事で、奇しくも高橋さんの旅の目線が、レールを伝い重なっていた気がします。
東京三軒茶屋でのインタビュー時、いろんな偶然と、デザインを介しての出会いに、とても感動しました。
また高橋さんは自分が選んだ「浜名湖佐久米駅」に東京から訪れたそうです。
きっと応募者の方々それぞれのドラマが、映画よりも予測出来ないくらい沢山あることでしょう。Comy